2018.9月号

 長いと思っていた夏休みもあっという間に終わり、2学期を迎えました。皆様はどんな夏休みを過ごされたでしょうか?今年の夏も猛暑で、40度を超えた日もありましたね。そして台風がとても多く、様々な地域で被害に遭われた方がいました。
夏休み中のこども園は、にじの子達とユニコーン、小さいクラスの子も含めると70名近い子ども達が登園し、元気にプールなどをして楽しく遊んでいました。
 職員は、この休みに様々な研修に行ってきました。30年度から指導要領の改訂があり、この時期の子どもに大切なものは何かを学んできました。自発的に子どもが動くカを育てる所を大切にしていく、その要素として3つの柱があります。

1、知識及び技能の基礎 … 豊かな体験を通して感じたり、気づいたり、分かったり、できるようになったりする力

2、思考力、判断力、表現力の基礎 … 気づいた事やできるようになった事などを使い、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりする力

3、学びに向かう力 … 心情、意欲、態度が育つ中で、より良い生活を営もうとする力・人間性等

 上記の3つの柱を大切にし、気持ちを新たにして、この研修を生かしながら日々の保育につなげていきたいです。今学期もどうぞよろしくお願いします。2学期は祖父母参観から始まり、様々な行事があります。その一つ一つ経験が、子ども達にとって大きな成長へと繋がっていきます。園での出来事など子ども達がお家で話した際には、そっと耳を傾けて子ども達の心に寄り添ってあげてください。