2018.7月号

 
6月18日(月)の朝、大阪で震度6弱の地震が発生しました。多くの方々が被害にあわれました。ニュースでは、小さな園児をおんぶしながら小学校へ避難している保育者を目にし、今埼玉でも同様の地震が発生したらと考えてしまいました。フレンドでは、毎月避難訓練を行っています。今月は、初めて園庭に避難する練習を行いました。この日は、リサイクルの係の方々がホールで作業をしていたので、係の方々にも一緒に園庭に避難していただきました。0.12歳児を含めた全園児と係の方が避難できた所要時間は3分でした。子ども達も泣く事もなく、静かに落ち着いて避難する事ができました。子どもはもちろん、職員にとってもどういった形で避難誘導にあたるかを練習する大切な訓練です。こういった訓練を繰り返す事で、実際に起きた時に冷静に対応できるようにしていきたいです。本当に地震などの災害がない事を願いますが・・・

 さて6月には様々な行事がありました,年長組はCIS(コロンビアインターナショナルスクール)で行ったEPACでは、桃太郎の英語劇をフレンドらしく楽しみながら表現する事ができました。また、所沢にある陽明保育園の年長児が園に遊びに来てくれ、ロケットを作って一緒に遊び、交流をもつことができました。園全体ではキラキラデーがあり、色々なお部屋に行って、製作やゲームを楽しんだり、いつもと違うクラスでランチをしたりと、学年やクラス関係なく、みんなで楽しみました。年長が年少の子のお世話をしたり、年中・少が年長の作っている物を見て刺激を受けたりと、みんな目一杯遊んだ3日閻でした。ファミリーデーは生憎の雨で、予定していた活動が出来なかったのは残念でしたが、お家の人と一緒に過ごした時間は、子ども運にとって楽しい時間だったと思います。ありがとうごさいました。

 早いもので1学期もあと1ヶ月。7月も楽しい行事が待っています。色々な経験を通して、子ども達が一つ一つ成長していく姿を見守ってください。