2018.6月号

 新緑の綺麗な時期となりました。園庭では、裸足になって楽しんで遊んでいる子ども達が増えてきました。これから益々泥んこ遊びが増えてくるでしょう。お家の方には、お洗濯が増えてしまい大変かと思いますが、子ども達が楽しんで遊んだ証拠だと思ってください。

 春の親子還足は延期になったものの、爽やかな陽気の中で行うことができ、楽しんで頂けたのではないでしょうか?子ども達にとって遠足の一番の楽しみは、お家の方と一緒に食べるお弁当の時間です。お家の方や友達と、いつもと違う環境で色々な話をしながら食べるお弁当は特別なものなのです。だから、フレンドの親子遠足はお弁当の時間がとっても早いのです。お弁当の後も、おやつ交換や縄跳び、ボール遊び、シャボン玉遊びなどして、あっという間の時間でした。子ども達だけでなく、お家の方々にとっても楽しい思い出のひと時となっていたら嬉しいです。

 5月には初めての保育参観もあり、園での様子を少しですが見て頂くことができました。今回の参観は、お家の方々にも一緒に遊んでいただけたらと思い、各クラス親子で楽しめる活動にしました。年長組では、子どもだけでは少し難しい製作活動でしたが、お家の方と一緒だからこそ楽しんで作ることができました。ありがとうございます。子ども達も嬉しそうでした。

 新しい環境にも少しすつですが慣れてきて、それぞれのクラスのリズムも少しずつできてきました。参観してみて、安心できた部分と、まだまだ心配な部分とがあるかと思います。我が子はまだ泣いてばかり、なかなか落ち着かない、などと周りの子と比べたりせず、その子その子のペースがあるので、焦らずに子ども達を見守っていただけたらと思います。私達も、一人一人に寄り添いながら保育を進めていきます。些細な事でも、心配な事があったら、遠慮なさらずに声を掛けてください。

 フレンド会も新体制になり、いよいよ本格的に始まりました。各クラス、親睦会などの企画も上がっています。お家の方々にも、フレンド生活を楽しんでいただきたいです。また、資源回収やリサイクルなどの活動も動き始めています。皆様がより良い活動ができるよう、今までのやり方にとらわれず今年は今年のやり方で進めていってください。よろしくお願いします。