2018.5月号

 春のぽかぽか陽気から一気に夏日になったり、寒い日があったりと塞暖差が激しく、体調を崩しやすくなっています。そんな中でも、元気な子とも達は園庭で泥んこになって遊び、たくさんの笑い声が新園舎に響いています。新学期が始まって1ヵ月、新入園児にとっては、お家の人から離れての初めての園生活。子ども達なりに、この新しい環境を受け入れようと頑張っています。泣いていた子にも、笑顔が見られるようになったり、やっと「楽しかった!」とお家の人にお話しできるようになったりと、少しすつ楽しみを見つけられているようです。まだまだ不安の方が勝るとは思いますが、それぞれの子が、自分の安心できる居場所を見つけて、伸び伸びと園生活を送れるよう、私達も子とも達に寄り添っていきたいと思います。

 さて、フレンド会の活動も総会を迎え、いよいよ始まりました。今回役員になってくださった方々は、初めてという方ばかりです。新しい目で、改めてフレンド会の在り方を考えていただけたらと思います。こども園1年目という事で、大変なこともあるかと思いますが“できる人ができる事を!"の助け合いの精神で、皆で協力しながら進めていっていただけたらと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。